2018年10月29日

日本の格式高い伝統結納

結婚することが決まり、結婚式の準備を進める前に結納をするという人もいるのではないでしょうか。
しかし、ここ最近ではあまり結納を行わない傾向にあります。
結納は、古き良き日本の文化でもありますが、通常の顔合わせと比較すると準備が大変でもあります。
今回ソフトイーエックスでは、結納についてピックアップしてみましょう。

決めごとの多い結納は、事前に両家の意見を聞いてから行うか判断する必要があります。
結納はどうしても堅苦しいから…と顔合わせのみになることもしばしば。
日本の伝統的な文化のため、やってほしいという家もあるため、しっかりと意見を聞いておきましょう。
結納の日取りは、結婚式の3ヶ月から半年前くらいに行うのがベターで、大安や吉日を選ぶことが多いですが、両家が集まりやすい休日を優先しても良いです。
結納には形式も3つあり、最近では仲人を立てない略式結納が一般的でしょう。
略式結納の場合、進行役は男性側の父親に任せることがほとんどですが、苦手なようであれば他の人が行っても大丈夫です。

結納の会場は、主にレストランやホテル、相手女性の家などが選ばれることが多いでしょう。
ここでも両家の意見をしっかりと聞いてから選ぶようにしてください。

結納の準備段階では、しっかりと意見を聞いて決めなければなりませんが、結納の準備で絆が深まることもありますので頑張って準備しましょうね。
posted by ソフトイーエックス at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。