2019年01月23日

披露宴でおすすめの演出は?

披露宴を行う時の演出で迷っている方も多いでしょう。
披露宴の定番演出の一つにキャンドルサービスがあります。
他にも、両親への手紙など様々です。
屋外に出る場合には、バルーンリリースもおすすめですね。
ここでは、披露宴でのおすすめ演出を紹介していきます。


■キャンドルサービスの魅力

結婚式の演出の中で盛り上がると人気なのがキャンドルサービス。
なぜキャンドルサービスを行うか知っていますか?
ソフトイーエックスがキャンドルサービスの意味と魅力を紹介します。

キャンドルには、天使が宿り幸せを運んでくれると昔から言われています。
ゲストのテーブルにあかりを灯すテーブルラウンドには、「ゲストの方々に幸せを届ける」という意味があります。
感謝の気持ちと、願いを込めて各卓をまわるんですね。
テーブルラウンドの後に行われるメインキャンドルの点火は、新しい家族の誕生を意味しています。
これからの新しい家庭の幸せを願って、2人でメインキャンドルにあかりを灯します。

また、メインキャンドル中はゲスト一人ひとりと挨拶ができ、パートナーを紹介できる大切な時間です♪
ゲストの皆と撮った写真がない!という事態を防ぐため、テーブルラウンド中に、各卓で記念撮影することをソフトイーエックスはおすすめします。
また、各卓で記念撮影をする場合は、フォトプロップスやポーズカードを用意するとポーズがピースだけというワンパターンにならず、ゲストとわいわい楽しめるので盛り上がりますよ!

幸せを運び、盛り上がる演出、キャンドルサービスでした。


■幸せを天まで届けるバルーンリリース

みなさんはバルーンリリースは知っていますか?
バルーンリリースは、いわゆる風船飛ばしで、空にむかってバルーンを参加者全員で放つ演出です。
「2人の幸せが天まで届きますように」という意味があり人気となっています。

持ち込みOKの会場の場合は、風船の値段とヘリウムの価格だけなので、50個でも1万円かからずにできます。
持ち込みなら、風船の形や色も選ぶことができるので、ハートの形やピンクと赤だけの風船など、自分達らしく組み合わせられるのが魅力的ですよね。
自分たちで用意するのが面倒な方は、費用がかかりますが、会場で用意してもらう手もあります。

また、雨や風が強い場合は実行できない演出なので、代わりのプランを考えておくと安心です♪
会場によっては、バルーンリリースに対応していない場合もあるので、式場選びの時にスタッフに確認しておきましょう。

「エコふうせん」という、和紙で作られた環境にやさしい風船もあるため、環境への影響を気にする人にはエコふうせんがおすすめです。

手軽なのに華やかで写真映りも良く、盛り上がること間違いなしです。

posted by ソフトイーエックス at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。