2018年12月29日

リゾ婚のススメ

最近、CMにも登場し話題となっている「リゾ婚」をご存知でしょうか。
リゾ婚は、その名の通り国内外のリゾートで結婚式を挙げることを指します。
華やかなイメージの強いリゾ婚ですが、意外とリーズナブルに行えてしまうのです。
今回ソフトイーエックスでは、リゾ婚について取り上げていきたいと思います。


■リゾ婚の魅力

リゾ婚は、今やウエディング業界でも浸透しつつある言葉です。
ワタベウエディングがリゾ婚と言う言葉を生み出したそうで、国内であれば軽井沢や沖縄、国外であればハワイやグアムなどのリゾートで結婚式を挙げることをリゾ婚と言います。
リゾ婚の魅力としては、やはり非日常感を味わえるという点と両家の絆が深まる点、そして費用が意外とリーズナブルな点でしょう。
結婚式では非日常的な感覚を味わえますが、リゾート地で行うことにより、より非日常感を体感できます。
そして、リゾート地で結婚式を挙げるということは、通常の結婚式よりも両家が一緒に過ごす時間が多くなります。
そのため、両家の絆や関係がより深まるのではないかと思います。
また、通常の結婚式とは異なりリゾ婚では両家の家族や親しい親戚、友人も数名と限られることが多いです。
そのため、思ったよりも費用はリーズナブルに感じるのではないでしょうか。

結婚式をこれから考えているのであれば、リゾ婚も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
最高の思い出になること間違いないですよ。


■リゾ婚で気をつけておきたいところ

今、話題となっている「リゾ婚」はその名の通り、リゾート地で結婚式を挙げることを言います。
リゾ婚は、普段味わえないような非日常感を味わえるなどたくさんのメリットもありますが、リゾ婚を考える際には注意しておきたいポイントもあります。

まずは、リゾ婚をするエリアの選定が大切となります。
参列者によって、リゾート地を選ぶと良いでしょう。
例えば、年配者や小さい子どもがいる際には、移動時間が比較的短い場所や時差の少ない場所がオススメです。
海外旅行が初めてという人が多いのであれば、日本語が通じやすいハワイやグアムを選ぶと喜ばれます。
また、リゾ婚を挙げる日程にも気をつけたいところです。
せっかくリゾ婚をするのであれば、リゾートを楽しむことも日程に含んで計画することで、より楽しい思い出になるだけでなく、両家の関係もより深まります。
できるだけゆとりある日程を組んで、リゾ婚を思う存分楽しみましょう。
そして、ゲストへの配慮も忘れてはいけません。
友人をリゾ婚へ招くのであれば、費用は友人にお願いし、ご祝儀は辞退しましょう。
旅行がてら来てもらえないか誘ってみることをオススメします。

リゾ婚を挙げる際の注意点をいくつかご紹介しました。
リゾ婚を挙げたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
posted by ソフトイーエックス at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。