2018年11月30日

定番の結婚指輪の素材、プラチナの純度の違い

結婚指輪は夫婦になった大事な証。
ずっと身に付けるものなので良いものを買いたいですよね。
これから結婚指輪を買う方におすすめな結婚指輪をソフトイーエックスが紹介します。

結婚指輪に使用する素材はプラチナがおすすめですが、プラチナには純度があります。

Pt1000という純度のものがありますが、Pt1000だと強度が弱く、色が黒いため結婚指輪には向いていません。
そのため、他の金属とプラチナを混ぜて強度を強くしてある、Pt900、Pt950の純度が人気ですよ。

Pt900とPt950の違いは、Pt900の方が少し軽く、若干ですが安価で、作業がしやすい素材です。
そのため、日本の職人は作業のしやすさからPt900を指輪に使用している人が多くいます。

海外では、プラチナはPt950以上にするという規則があるため、有名高級ブランドのティファニーやカルティエ、ハリーウィンストンではPt950が使用されています。

ソフトイーエックススタッフは、Pt950の指輪を付けていますが、品質はどちらも大差はないため、好みで選んで大丈夫です♪

指輪の素材と純度を知りたい場合は、実際に店舗でスタッフの方に尋ねるか、プラチナの種類が指輪の内側に刻印されているので、試しに指に付けるときに確認してみてくださいね。
posted by ソフトイーエックス at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする